<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

SAGA取材旅行その1〜オガワリノver〜

ライトスタッフ出張版〜佐賀編-泰造君の生まれ故郷・武雄に行ってきました〜

a0107614_2219514.jpg


夏の夜、活気づく夜の新宿PM9:00。
新宿センタービルの脇で夜行バスを待つ。
星が見えない、東京の明るい夜空を見上げながら、回想される数日前の会議。

「いや、写真撮れる人があと一人くらい来てほしいんだよね。切実に。」

いや、無理よ。金ないよ。と言い、佐賀行きが決定していたメグロ・イマイに託した武雄取材。
二人の予定が上手い事噛み合ず、武雄での撮影が困難になりそうだということでした。
ライトスタッフ内で写真系と見込まれてメグロ氏より「弱ったオーラ」を送られた私は、
精神コマンド「義理人情」を発動させ、気付けば「行ったるわ!」と腹をくくっていたのでした。

a0107614_2220128.jpg


下駄は失敗だろうなあ...と愛用の桐下駄と汚い足を眺めながらバスを待つ事、数十分。来るバスに乗り込んだ。
遅れての予約だった為に、他の二人とは別のバス。
一人、今後のプロデュース論・TAIZOという映画の行く末について考え続ける。

a0107614_22203837.jpg


夜の闇は流れ行く光以外を隠してしまって、考え事に拍車がけてくれる。無心。
いくつかのアイディアと、やらなければならない事が脳内に降ってくる。
忘れないうちにと、考えを煮詰め煮詰め、報告せねばとヒロハラにメールを送るのでした。

眠りにつき、数時間おきに目を覚ます。眠っていても、ずっと考えている。
"今"出来ることを常に考え続ける。
佐賀で何を掴むべきか...私の心は泰造君に向かって開いているだろうか。
泰造君を生んだ母親に会って、私はどんな顔をするだろう。どんな話が出来るっていうんだろ。
ああ、それでも、彼が生まれ育った地、その遺伝子の母体、声、そんなものに出会いに行けるというのは、独りの人間の後を追っているというのは、なんだかカッコイイんでないかい?とか思って、一人胸躍った。早く博多につかないだろうか。彼の見ていた風景を見てみたい。ドキドキしていた。

そして、明け方の窓の外を見た。
差し込む光。
今日が始まる。始まった。進むしかないじゃないの。
そうして、佐賀の旅が始まった。

a0107614_2220592.jpg

[PR]
by 1000-tegami | 2007-08-29 22:21 | オガワ リノ

珍道中~SAGAの思い出その一~

小川さんブログの引越しありがとうございます。

どうも、佐賀から帰ってまいりまして、今は実家の秋田に帰省中でございます、イマイです。
昨日は私の地元で大きな花火大会がありまして、家族や東京から来た友人達とともに楽しんでおりました。全国規模の恐ろしくでかい花火大会です。空が昼のように明るくなります。

a0107614_10385541.jpg
a0107614_10395397.jpg


おっと、ふるさと自慢はこれくらいにして、そろそろレポートをします。


19日、夜。私はバイトを終えて新宿に。色々と個人的なハプニングはありつつも(乗り場を間違えかけました)無事夜行バスに乗ることができました。ええ、夜行バスです。貧乏学生の旅、これから14時間のバスの旅・・・。さて、どんな旅がまってることやら・・・。

休憩で立ち寄った神戸での朝。
a0107614_11114669.jpg


さらに広島で買った朝ごはん。まっく○く○すけ?
a0107614_1112492.jpg




そしてついに九州上陸!
a0107614_11144726.jpg


腹ごしらえして、いざ
a0107614_11153993.jpg

佐賀へ!
a0107614_1117234.jpg



ここから鈍行で二時間の旅を経て
a0107614_11191917.jpg

a0107614_11204968.jpg


ようやく有田に到着!泰造さんもこの地に足しげく通っていたとのこと・・・どんな町なんでしょう。この日はここの民宿に素泊まりです。
a0107614_11211757.jpg



さあ、いよいよ泰造さんの故郷、武雄市に信子さんに会いに行きます!

続く・・・・。
[PR]
by 1000-tegami | 2007-08-26 11:29 | イマイ アヤ

佐賀-取材旅行記〜序

a0107614_446244.jpg


先日、19〜24日にかけて、一ノ瀬泰造さんの生まれ育った故郷、佐賀・武雄に行って、取材を終えました!

19日に夜行バスに乗り、20日に到着、有田泊。
21日に一ノ瀬さんのお宅・武雄高校をお尋ねし、武雄散策。
22日に武雄市内を撮って回る。
23日に帰途に着く。

上記のような予定で動いてました。

現地では佐賀の人々の優しさに触れながら、一ノ瀬泰造氏の生まれ育った土地を満喫し、とにかく撮影をして、実に充実した旅でした。
予想以上の収穫というか、良い出会いがあり、ただただ感謝するばかり。
現地でお世話になった方々、ありがとうございました!

実に濃い内容なので、徐々にレポートをupしていこうと思います。
メグロ・イマイ・オガワ、それぞれが感じた佐賀の匂い。
じっくりとご覧有れ。
[PR]
by 1000-tegami | 2007-08-26 04:46 | 活動報告

ご無沙汰しております

ライトスタッフの小川です。
夏休みいかがお過ごしでしょうか?
春のライトスタッフ結成より、早くも四ヶ月が過ぎようとしています。
夏休みに入ったライトスタッフ五名は、十月十一月のTAIZO上映活動に加え、各々の進級制作に奔走、活動に追われる日々。会えない仲間達。しかも体調不良の便りが届く始末。

何か重要なことを忘れているんじゃないかな...と不安になりかけた。

実践的プロデュース論と言う名の授業。奥山さんという獅子に崖から突き落とされた五匹の子猫ちゃん。
五人の知恵と関わりを持ち寄りウンウンと唸ってこねくりまわして企画がやっとこさと立ち上がり動き出したものの、何かものたりないと感じていた小川。

「行けよ!行けばわかるさ!!」

そんなノリで活動をしてきたものの、小川の腹はこれでいいのかな?と感じてシュクシュクしていた。きっとみんなそうなんじゃないかな?なんて思っていた...そんな矢先に!
先日、絶妙なタイミングでTAIZO上映に関する打ち合わせがありました。
武蔵美代表の小川と、芸大映像研究院の映画専攻のIさんとの打ち合わせ@渋谷!
Iさんは一度社会に出て制作関連のお仕事をされた後に芸大の院へ入学。現在は制作部でガンガン活動しておられるようで。

足りなかったのは、「制作」という仕事をもっともっと考える、触れるってことでした。(きっと。)
映画を考える、時代を読む、先を予見する。現実を見る。希望を持つ。
奥山さんくらいしか参考にしてないんじゃないのかな?身近に制作の人は確かにいないけれども。
もっと制作についてハングリーにぶつかっていく必要があったんじゃないかな?

五人とも作り手側だった故、学生故? TAIZOという映画の渦中にはまりすぎて見えなくなっていることが多すぎるのではないかなと。これからこの映画を見せて行きたいのは、この映画を全く知らない人たち。
期待なんかしちゃだめだ。こっちから抱きしめてやる!って勢いで進まなきゃ。
私たちは広げていく為にやっているんです。そして、それが一人一人の中にしっかり届くよう。

泰造君は戦場を、己を信じて駆け回っていたけれど、今の五人に足りないのは足じゃないかしらな。
動けば、会いに行けば、全然違うんだもんね。
ネットやメールの普及で、触れるということが遠くなっている。
電波はどこまでも飛んでいけるけど、とても速いものだけど、一瞬の手のひらや身体のギュウとは比べものにならないのでしょう。泰造君に会いにいかねばなりません。

小川は本日神社でおみくじをして参りました。
西へ向かうが吉。なので、勇んでカンボジアの菩提樹の元へ向かおうと思います。
そう、泰造君に会いに行かねばなりません。
なりませんったら、なりません。誓ってこなけりゃなりません。
かつて彼が遠い場所の誰かの眼になっていたように、小川もまた、五人分の足となり眼となり心となり、その魂の眠る地に、皆様の千通の手紙を必ずや此処へ持ってきますと、誓うのであります。

あなたの夢はなんですか?
今も持ち続ける思いはなんですか?
あきらめて眠っていた思いはなんですか?
どうしても捨てられしないんですよ思いっていうのは。
今も自由に駆けめぐっています。
思いを持ち続けることが出来る、そんな今は、とても幸せなんだと思う。
[PR]
by 1000-tegami | 2007-08-14 21:52 | オガワ リノ