ちょっと時間がたったけど

9月13日、14日に埼玉県立芸術総合高校で上映会を行ってまいりました!

これはライトスタッフかねてのお願いで、
これから自分の夢や表現したいものを模索していく希望に満ち溢れた10代の目には
泰造さんがどのように映るのか、彼ら高校生の声を聴いてみたいと思い、
埼玉県立芸術総合高校さんのご協力の末実現した上映会でした。

この日集まってくれたのは元気いっぱい1年生42名です。
日直の号令、先生の点呼が終わって、いよいよ暗幕が閉ざされます。

今日は14日の『TAIZO』に先駆けて、
まず映画『地雷を踏んだらサヨウナラ』を観てもらいます。
この映画は一ノ瀬泰造さんという戦場カメラマンを…

私たちからの説明やらなんやらで約2時間。

授業の後だったしちょっと疲れちゃったかな…
と思いきや、みんな背筋を伸ばして目は必死!

さてさて彼らから泰造さんへどんな手紙が綴られるのでしょう。
楽しみでなりません!

早く手紙が届きますように☆


a0107614_71067.jpg

[PR]
by 1000-tegami | 2007-09-20 18:25 | シノハラ アヤコ


<< カンボジア記写真によるダイジェスト SAGA取材旅行その2〜オガワ... >>